2014年10月21日

里芋の栄養と効果



里芋の主成分はでんぷんです。

「でんぷん」と聞くと、ダイエット中の女性は敬遠したくなるかもしれません。

ですが、里芋は水分が多く、イモ類の中では低カロリーなので、
ダイエット中でもおススメな「芋」なのです。

里芋の栄養素には、主なもので、食物繊維、カルシウム、鉄、カリウム、ビタミンB1などがあります。

また、里芋独特のぬめりは、ガラクタンとムチンという水溶性食物繊維です。

このガラクタンという成分は、脳細胞を元気にするので、
痴呆やボケ予防におススメです。

さらに、ガラクタンは、免疫を高め、ガンの発生・進行も防ぐといわれています。

これから寒くなる季節、風邪を引きやすくなりますが、
里芋を食べて免疫力を高めたいですね。

そして、ムチンという成分には、肝臓を強くしたり、
タンパク質の消化吸収を助ける作用、滋養強壮作用もあります。

カリウムは高血圧予防に効果がありますし、
糖質の分解を助けるビタミンB1も嬉しい栄養素です。

低カロリーな里芋、それでいて栄養たっぷりな里芋は、
便秘予防にも、ダイエットにもおススメ。

旬の里芋で、健康な体作りを目指しましょう!







posted by tabesukiko at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。